Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート

Danish cabinetmaker
Serving table with cutting board

デンマークの家具工房で作られた、ローズウッドのサーヴィングテーブルです。デザイナーなど詳細は分かりませんが、家具工芸としては精巧に作られたものです。普段はコンソールテーブルとして、必要に応じて天板を広げ、サーヴィングテーブルとして使用できるもので、三杯備わる抽斗の把手は真鍮で作られています。側面にはチーク無垢材のまな板が備わり、裏と表とでお肉を切る面とお魚を捌く面とに分けられています。コンディションは良好ですが、天板を回転させる際に見え隠れする下地は製作時から処理されておらず、家具職人によってワンオフで作られたものと推測されます。脚は無垢の削り出しですが、先端は継いでいます。まな板に使用感は見られません。

Danish cabinetmaker circa 1960’s
w-90, d-45(90), h-75cm

SOLD