北欧家具・雑貨 Luca Scandinavia

High back Easy chair 
Style of ‪Flemming Lassen‬ 1930’s

High back Easy chair
Style of ‪Flemming Lassen‬ 1930’s

フレミング・ラッセンは1930年代末よりアルネ・ヤコブセンと共にスラーロッドやヨーテボリの市庁舎建築に携わるなど、デンマークに於ける前期モダニズム様式を築いた建築家です。
また、1930年代から40年初めにかけて、建築業の傍ら家具のデザインも行なっており、その型破りとも言える湾曲したデザインは、その後に最盛期を迎えるモダンスタイルの発展に貢献、照明やカトラリーなども手掛けたデザイナーで、プロダクトデザイナーとして活躍したモーエンス・ラッセンの弟としても知られています。
発表した時代がやや古いためか、資料として遺されたものが少なく、手掛けたデザインの全容は明らかになっていないようです。
こちらの椅子も詳しい事は分かっておりませんが、素材使いなどから1930年代製作品として妥当と考えられる事を前提に、その当時としてはとても奇妙なデザインである事と、氏の得意とする円筒状の前脚などから、氏の作品である可能性があるものと考えています。
ファブリックは当時のままと思われますが、目立った汚れなど無くきれいな状態です。
クッション内部の緩衝材には椰子などの繊維が使われているのでしょう。
身体が包み込まれるような座り心地の椅子です。
w-79cm、d-83cm、h-106cm、sh-40cm
price:  SOLD
ありがとうございました。

ASK/お問い合わせフォーム

商品について

商品名及び、ご質問、ご要望の内容をご記述の上、こちらよりお問い合わせください。
店頭のスペースに限りがあり、店頭陳列していない商品もございますので、お越し頂く際には事前にメール等にてご確認頂く事をお勧めします。

毎週、火曜日は休店日となっておりますので、予めご了承下さい。
時折、やむなく臨時休業を頂く場合もございます。
お出かけの際にはinformationをいま一度ご確認下さいますよう、お願い申し上げます。