北欧家具・雑貨 Luca Scandinavia

Glass vase 
Strömbergshyttan Sweden 
and Danish silversmith 1940’s

スウェーデンのガラス工房、Strömbergshyttanで製作されたガラス製のベースで、1940年代頃に造られたものです。

ガラス工芸の見所は、肉厚のガラスを鋭利にカットし、その質感を見せる「ストロンボーカットエッジ」と呼ばれる技法が用いられており、カットが施された断面からは、熱されたガラスが凝固する様子が伺えます。

また、925スターリングシルバーを用いた葡萄のデコレーションはデンマークの銀細工師によるもので、第二次世界大戦勃発の折、金属物資の不足する時代に銀細工師達の仕事を補うため、「銀」と木材やガラスなどの異素材をあわせたコラボレーション作品が多く造られるようになり、世相を反映する作品となっています。
内部に氷入れ用の水切りと思われる銀製の台座が備わります。
爽やかな淡色のガラスと、深い輝きを持つ銀細工とのコンビネーションの美しい作品です。

material: Glass, 925s Silver

h-13cm
price: SOLD
ありがとうございました。

ASK/お問い合わせフォーム

商品について

商品名及び、ご質問、ご要望の内容をご記述の上、こちらよりお問い合わせください。
店頭のスペースに限りがあり、店頭陳列していない商品もございますので、お越し頂く際には事前にメール等にてご確認頂く事をお勧めします。

毎週、火曜日は休店日となっておりますので、予めご了承下さい。
時折、やむなく臨時休業を頂く場合もございます。
お出かけの際にはinformationをいま一度ご確認下さいますよう、お願い申し上げます。