北欧家具・雑貨 Luca Scandinavia

Dining chair 
Kai Lyngfeldt-Larsen 
Søren Willadsen

Dining chair
Kai Lyngfeldt-Larsen
Søren Willadsen

デンマークのデザイナー、Kai Lyngfeldt-Larsenによって1957年に発表されたダイニングチェアシリーズで、チーク材を細く極限まで削り出したフレームが軽快な印象です。
また、Søren Willadsen社は、ナナ・ディッツェルやフィン・ユール等のプロダクトを手掛けた工房として知られています。
チーク材の最高峰と称されるタイ国原産の無垢材を用いられているようで、素材感など佇まいに魅力のある椅子です。
構造に緩みが見られたため、フレームの締め直しを行ないましたが、もともと接合部分が細く、経年的な緩みもあるので、例えば飲食店などの激しい動作のある環境でのご使用は避けられた方が良いでしょう。
w-47.5cm、d-45cm、h-75cm、sh-43cm
price: SOLD
ありがとうございました。

ASK/お問い合わせフォーム

商品について

商品名及び、ご質問、ご要望の内容をご記述の上、こちらよりお問い合わせください。
店頭のスペースに限りがあり、店頭陳列していない商品もございますので、お越し頂く際には事前にメール等にてご確認頂く事をお勧めします。

毎週、火曜日は休店日となっておりますので、予めご了承下さい。
時折、やむなく臨時休業を頂く場合もございます。
お出かけの際にはinformationをいま一度ご確認下さいますよう、お願い申し上げます。