北欧家具・雑貨 Luca Scandinavia

Arm chair 
Jacob Kjaer 
Christensen & Larsen

Arm chair
Jacob Kjaer (1896-1957)
Christensen & Larsen

デンマークのスネーカーマスター(指物師の資格を持つ家具職人)兼、家具デザイナーのヤコブ・ケアによって、1950年に発表されたアーム付きのダイニングチェアで、イップ・コフォド・ラーセンの名作”エリザベス”を手掛けた「Christensen & Larsen」工房によって造られたものです。
このモデルはアーム無しもデザインされていたようで、現在、飛騨高山の家具工房 Kitani japanにてライセンス生産が行われています。
一見して目立った特徴の無いような落ち着いたデザインですが、きれいな曲線が描かれ、優雅で上質な趣きの椅子です。
黒色皮革張りの座面には張りがあり、広い背もたれは身体を優しく支え、座りやすく設計されています。
フレームには稀少材のパリサンダー(ブラジリアンローズウッド)と思しき材が用いられており、適度な経年感の心地よい椅子です。
w-56cm、d-54cm、h-85cm、sh-45cm
price: SOLD
ありがとうございました。

ASK/お問い合わせフォーム

商品について

商品名及び、ご質問、ご要望の内容をご記述の上、こちらよりお問い合わせください。
店頭のスペースに限りがあり、店頭陳列していない商品もございますので、お越し頂く際には事前にメール等にてご確認頂く事をお勧めします。

毎週、火曜日は休店日となっておりますので、予めご了承下さい。
時折、やむなく臨時休業を頂く場合もございます。
お出かけの際にはinformationをいま一度ご確認下さいますよう、お願い申し上げます。