北欧家具・雑貨 Luca Scandinavia

A pair of Stool 
Bernt 
Wørtz Møbelsnedkeri

A pair of Stool
Bernt (1937-)
Wørtz Møbelsnedkeri

デザイナーのベアントは1957年に指物師の資格を得て、’60年にデンマークデザインスクールを卒業後、ハンス・ウェグナーのもとで働き、’63年に自身の事務所を開設、1978年より王立アカデミー家具科の講師を務め、国内外の公共施設のデザインの監督も務めたデザイナーです。
新しく画期的なアイデアとミニマムで美しいデザインを数多く手掛け、次の時代の指標となる新しい分野を築きます。
このスツールはベアントの卒業制作で発表し、高評価を得た代表作としても知られています。
現在でもRud. Rasmussen社によって生産が続けられていますが、こちらのスツールは初期の工房Wørtz Møbelsnedkeriよって造られたモデルで、現在稀少材とされるパリサンダー(ブラジリアンローズウッド)と思しき材が用いられています。
こちらは一対(2脚セット)での販売です。
籐の状態も良く、コンディションは極めて良好です。

material: Rosewood
size: w-45, d-45, h-41.5, sh-39
price: SOLD
ありがとうございました。

ASK/お問い合わせフォーム

商品について

商品名及び、ご質問、ご要望の内容をご記述の上、こちらよりお問い合わせください。
店頭のスペースに限りがあり、店頭陳列していない商品もございますので、お越し頂く際には事前にメール等にてご確認頂く事をお勧めします。

毎週、火曜日は休店日となっておりますので、予めご了承下さい。
時折、やむなく臨時休業を頂く場合もございます。
お出かけの際にはinformationをいま一度ご確認下さいますよう、お願い申し上げます。